予算計画の立て方

家を買うときのお金の出所は、一般的には、貯蓄+住宅ローンとなります。そこで、物件購入予算を決めるために、貯蓄はどれだけ残した方がいいのかといった点や、住宅ローンはいくら借りても大丈夫かといった点をみていきます。

貯蓄から使えるお金が多ければ、単純に予算が増えますし、予算を増やさないにしても、借りる住宅ローンを減らすことは出来ます。かといって、貯蓄を全て放出してしまっては今後の生活が立ち行かなくなってしまいます。そこで、最低限、怪我や病気などの有事の際に使う生活予備費(生活費の3~6ヶ月分程度が目安)と引越し費用はよけておきましょう。引越し費用は予算として考えることも出来ますが、新しい家具代などはともかく、引越しそのものにかかる費用はよけておいた方が安全です。教育費など、今後別の目的で使うための貯蓄も切り崩さない方がいいです。

住宅ローンを借りる金額は、月々いくらなら返せるかを基準に考えるといいです。一般的には、返済額は収入の25%以内が良いといわれていますが、最近は20%以内に抑えた方がいいという意見もありますし、20%でも苦しいという人もいます。このあたりは、自身のライフスタイルと相談して決めるといいでしょう。こうして算出した月々の返済額に返済年数を掛け合わせた値が住宅ローンの金額になります。返済年数は、現在の年齢から定年までの期間で考えるといいでしょう。

一戸建て購入の費用

家を買おうと思ったときに、どれだけの費用がかかるのかがわからなければ、今ある予算でどれだけの家を買っていいのかわかりません。家を買うときに必要なお金は、土地や家屋の代金だけではありませんし、お金が必要なタイミングも何度かに分かれています。ここでは、どのタイミングでどんな費用がどれだけかかるのかを紹介します。

まず、購入する物件が決まったところで、購入申し込みの為の申込証拠金(2~10万円、必要ない場合もあり)、売買契約の為の手付金(物件価格の5~10%)、印紙税(1万円)がかかります。次に、引渡しまでに払う必要があるお金が、購入物件の残代金(物件価格から手付金を除いた物)と購入時諸費用(物件価格の6~10%)、ローン契約の為の印紙税(2万円)になります。ローン契約は引渡しまでに物件の購入代金をもらえるように契約しましょう。

そして、引渡し後に、引越し兼家具家電の購入費用が、半年から1年後に不動産購入税(税額0の可能性あり)がかかります。物件によっては、売買契約と物件引渡しの際に仲介手数料がかかる物件もあります。また、物件購入時に発生する費用の他に、住宅ローンの返済と物件にかかる税金は以後継続的に払い続けなければなりません。

一戸建ての購入計画

一戸建て住宅の購入というのは、いつの時代も夢の一つですし、マイホームは人生における最大の買い物となる方も多いでしょう。それだけに不安も大きく、また、そう何度も購入するような物ではないため、基本的には前回の反省を生かして購入するということが出来ません。

マイホームの購入における一番の問題はお金の問題です。自分の理想を追求するあまり、無茶な住宅ローンを組んだ結果、生活が苦しくなって、家庭内が険悪となり離婚にまで発展するケースや、住宅ローンが払えず、せっかく購入した家を売却しなければならなくなるケースもありますし、場合によっては家を売却しても尚、住宅ローンが残ってしまうこともあります。逆に、お金の問題を気にして、安さばかりを優先してしまうと、今度は家に対する不満がたまってしまい、場合によっては、家にいることがストレスになってしまうようなケースもあります。

したがって、マイホームの購入を満足度の高いものにするためには、適切な予算設定をすることが何より大事です。予算設定さえ問題なければ、必ず満足のいく家が買えるかというとそうとは限りませんが、他の問題を考えるためにも、予算が重要なファクターであることには変わりありません。なので、ここでは、家を購入する際に、具体的にどのような費用がどれだけかかるのかといったことや、どのように予算計画をたてていけばいいのかといったことを紹介します。当サイトが、素敵なマイホーム購入の一助となれば幸いです。