予算計画の立て方

家を買うときのお金の出所は、一般的には、貯蓄+住宅ローンとなります。そこで、物件購入予算を決めるために、貯蓄はどれだけ残した方がいいのかといった点や、住宅ローンはいくら借りても大丈夫かといった点をみていきます。

貯蓄から使えるお金が多ければ、単純に予算が増えますし、予算を増やさないにしても、借りる住宅ローンを減らすことは出来ます。かといって、貯蓄を全て放出してしまっては今後の生活が立ち行かなくなってしまいます。そこで、最低限、怪我や病気などの有事の際に使う生活予備費(生活費の3~6ヶ月分程度が目安)と引越し費用はよけておきましょう。引越し費用は予算として考えることも出来ますが、新しい家具代などはともかく、引越しそのものにかかる費用はよけておいた方が安全です。教育費など、今後別の目的で使うための貯蓄も切り崩さない方がいいです。

住宅ローンを借りる金額は、月々いくらなら返せるかを基準に考えるといいです。一般的には、返済額は収入の25%以内が良いといわれていますが、最近は20%以内に抑えた方がいいという意見もありますし、20%でも苦しいという人もいます。このあたりは、自身のライフスタイルと相談して決めるといいでしょう。こうして算出した月々の返済額に返済年数を掛け合わせた値が住宅ローンの金額になります。返済年数は、現在の年齢から定年までの期間で考えるといいでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket