一戸建て購入の費用

家を買おうと思ったときに、どれだけの費用がかかるのかがわからなければ、今ある予算でどれだけの家を買っていいのかわかりません。家を買うときに必要なお金は、土地や家屋の代金だけではありませんし、お金が必要なタイミングも何度かに分かれています。ここでは、どのタイミングでどんな費用がどれだけかかるのかを紹介します。

まず、購入する物件が決まったところで、購入申し込みの為の申込証拠金(2~10万円、必要ない場合もあり)、売買契約の為の手付金(物件価格の5~10%)、印紙税(1万円)がかかります。次に、引渡しまでに払う必要があるお金が、購入物件の残代金(物件価格から手付金を除いた物)と購入時諸費用(物件価格の6~10%)、ローン契約の為の印紙税(2万円)になります。ローン契約は引渡しまでに物件の購入代金をもらえるように契約しましょう。

そして、引渡し後に、引越し兼家具家電の購入費用が、半年から1年後に不動産購入税(税額0の可能性あり)がかかります。物件によっては、売買契約と物件引渡しの際に仲介手数料がかかる物件もあります。また、物件購入時に発生する費用の他に、住宅ローンの返済と物件にかかる税金は以後継続的に払い続けなければなりません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket